空き家管理

空き家管理とは

相続したもののすぐには住む予定がない家、様々な事情で長期間留守にしている家など所有している家屋のことが気になっていても、距離的な関係などで管理できない方。
新日本ガスの「空き家管理サービスをぜひご利用ください。」

施策背景

空室の総数 (H25.10 月 1 日時点で 820 万戸 ) は増加し続けており、今後とも、人口減少により全国的な増加が懸念される状況です。特に、管理が不十分になった空室は、火災の発生や建物の倒壊、衛生面や景観面での悪化など多岐にわたる問題を発生させることから、空き家対策の重要性が高まっています。

空き家管理の必要性

その様な適切な管理が行なわれていない空き家が放置されることの行政の対策として固定資産税等の特別措置を解除すべきだという指針を打ち出し、臨時国会により「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立致しました。それにより行政より空き家だと勧告されると下記の固定資産税等の住宅用地特例が受けれなくなり今までの 1/6 の固定資産税が満額課税されることになり非常に大きな負担になります。ですから現在では空家管理が必要とされています。

空き家 / 特定空き家の定義

空き家とは

建築物又はこれに付属する工作物であって住居その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。) ただし、国又は地方公共団体が所有し、または管理するものを除く(2条1項)

特定空き家とは

管理サービスの概要

空き家管理を必要とされる方は様々な理由があると思います。頻繁に見に行きたいけどなかなか見に行く事が出来ないそんな方の為に2コースご用意致しました。

A. 屋外のみコース

1回につき1,200円(税抜)

内容
■玄関廻り簡易清掃
■庭木・雑草の確認
■建物 ( 扉・屋根・玄関・外壁・基礎 ) の異常確認
■郵便物 ( ポスト・玄関 ) の整理、チラシの処分

B. 屋内外コース

1回につき5,000円(税抜)

内容 カギをお預かりします(契約時に預かり書を交付)
■A コースの内容
■全室(押入れ・収納含む)の通気・換気 [30分以上]
■水廻りの確認・通水[1分程度]
■水(室内(壁・床・天井))の異常確認

見廻りの際に、急を要する事態を発見した時は、その場からご連絡いたします。

修繕が必要な時は、当社でもお見積りいたしますが、ご懇意の事業者があればご依頼いただきます。

ご契約の流れ